職務経歴書の書き方

職務経歴書の書き方

 転職活動で重要な応募書類の作成ですが、どこの会社でも、応募者が多数で、1人1人面接をする時間が取れないほどの人数の応募が最近では普通の光景となりました。なので、書類審査にてまず、ふるいにかけるといった企業が、最近は多いです。書類の内容がとても大事なのですが、人よりもアピールできる内容の書類を書かないといけません。

 

 特に転職活動で必要になってくるのが、職務経歴書でしょう。

 

 職務経歴書は、自分の転職状態に合わせた内容ので、作ることが大切です。

 

 転職の多い人、初めての転職、まったく違ったジャンルへの転職、1つの会社で勤めた歴が長かった場合の転職など。

 

 色々な状況によって、内容を変えるのが大事です。

 

 転職の多い人の場合、沢山仕事をしたなかで吸収してきた内容や、なぜ転職を繰り返しているかなど、面接で聞かれることも多いので、そういった内容も、うまいこと書いておくといいでしょう。

 

 違ったジャンルへの転職の場合は、何故ジャンルを変えるのか、そこで活かせる能力をアピールしていくことが重要です。

 

 1つの会社での歴が長かった場合は、そこの会社でどのように仕事をしてきたか、どんな能力をそこで身につけて来て、どのようなモチベーションでやっていたかなどを、盛り込んでもいいと思います。

 

 あくまでも、見やすく書かないといけないので、表などにまとめて、分かりやすくすることが大切です。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ