ブルーカラーからホワイトカラーへの転職

ブルーカラーからホワイトカラーへの転職

 私は以前に建設現場で勤務しており、毎日作業服を着て腰袋をつけて仕事をしていました。いわゆるブルーカラーの肉体労働でしたが、グループのリーダーになる程度に経験も積んでいました。建設現場での仕事は大好きでしたし、同僚との関係も良好で収入も安定していたので満足していました。

 

 それでもずっと考えていたことがありました。それは一つの仕事で経験を積む安定した人生を送るのも立派ですが、短い人生なので色々な経験をしてみたいと考えていました。それで人生経験を豊かにするために、全く違う分野の仕事に転職することにしました。

 

 いくつかの面接に行きましたが、それは全てホワイトカラーの事務職の会社ばかりでした。最終的に採用してくれたのは、生命保険会社での事務職の仕事でした。ネクタイをしめてスーツを着て、満員電車に乗って通勤して残業するという新しい生活習慣が始まりました。職場環境も清潔で、女性や顧客と接する機会が多い職場だったので、ビジネスマナーや清潔さには特別に注意を払うように気をつけました。

 

 今では転勤して本当に良かったと感じています。一つの会社で一生涯安定した仕事をするのは立派なことですが、全く異なる分野の仕事を試してみると、人生が豊かになり世界が広がったように感じています。今では建設現場で働く方々も、オフィスで働く方々のことも理解できるようになり、違う分野の会社に転職してみて本当に良かったと満足しています。


ホーム RSS購読 サイトマップ