経験を積むための、20代の転職について

経験を積むための、20代の転職について

若い時期の転職には「夢」がある

 

 就職氷河期と言われた時代があり、新卒での企業への入社が非常に難しい状況が長く続いているのは今でも変わりありません。それゆえに、新卒での就職から洩れてしまった人が非常にキャリア形成で困るという状態に陥っていることも一方で存在しています。

 

 しかしながら、こうした新卒一辺倒な人材育成も徐々に形を変えつつあります。それは、離職率が非常に高くなっていることと関連していて、入社後の3年間での退職が多く、継続して同じ会社に勤めるということが、昔よりも少なくなってきています。

 

 このことは、新卒採用で上手くいかなかった人が、転職で中途枠で活躍できるということを意味するわけです。

 

自分がしたい仕事を見つける20代

 

 特に20代の若い世代では「ポテンシャル採用」という考え方があり、求めている人物像のスキルには達してはいないけれども、教育をする中で戦力として活躍することができるだろうと見込んで人を雇うということがあります。

 

 それは30代以降になると難しくなりますが、20代ではほとんどの企業で可能です。つまりは自分のしたい仕事がまだ定まっていない人でもイチから学ぶことができることを意味しています。経験を積むなら20代にたくさんしましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ